診察日 2019/08/09 の内容

  • 2021年4月30日
  • 2021年4月30日
  • 未分類
  • 129View
  • 0件

診断書は書いてもらえず

年金は両親の許可を得てから。

とりあえず母にはサラッと説明したことを

医師に説明。

「早く障害者枠で就職しては?」

「今の様子ならできると思う(杉〇Dr.)」

医師&看護師は両親に報告しないことの、

何を不安視してるのか?

両親特に父と障害年金の話をしておくのは

あとから年金の話や書類が来たときに

ゴダゴダになってしまわないようにという

配慮らしい。

ちなみに、厚生病院の精神保健福祉士?も同意見。

社労士さんとの相談

薬をもらった後に社労士さんと相談した。

結論から言えば、

医師は今の調子を崩したくないようであるとのこと。

もし、障害年金の話をして体調を崩すのは、

避けたいのではという考えと推測。

話さなくても、通知書などからバレて、

親とこじれて体調を崩すことを懸念してる。

今後の方針

障害年金を出す準備は最後の主治医の診断書のみ

体調のいいときの考え方として

障害年金申請して通れば、

月4万円の安定収入が得られる。

もし、入院してしまったら。

入院は月10万円はかかること。

その時は申請して障害年金2級の申請をすること。

■広告|スポンサーリンク| Google AdSense ■
最新情報をチェックしよう!