ChromiumのOS搭載のノートPCの改造(HDD換装 編)

HDDをSSDにしよう

その前に12年前のdynabook F20 Qosmio のHDDの接続方法を確認

するとSATA接続ではなくIDE接続であった!

前回の教訓が活かせた。

前回の記事:RAM増設 編    https://dorahei.comarchives/chromium-plus-ddr2-ram.html

使用する素材

使用するのは

  • mSATA SSD(今流行りのM.2の前の規格、)
  • mSATA を IDE接続に変換する機器

この2つ。

https://twitter.com/yakitori_banzai/status/1074094438119497728

https://twitter.com/yakitori_banzai/status/1074096508696354817

https://twitter.com/yakitori_banzai/status/1074097649115004928

mSSDはそのままIDEの変換器につけるだけ。メモリと同様の取り付け方です。

CloudReadyをインストール

https://twitter.com/yakitori_banzai/status/1074101498508828673

これは前回の記事のChromium OS のインストールを参照してほしい。

前回の記事:12年前のdynabook F20 に Chromium OS https://dorahei.comarchives/chromium-in-dynabook.html

ちなみに今回はCloudReadyというChromium OS をカスタマイズしたものを入れることに

RAMの推奨環境は2GBなので、行けるはず…

CloudReady インストールできない! その原因

https://twitter.com/yakitori_banzai/status/1074136490999898112

結果:Chromium OSの32bit版のR60ビルドで起動成功

今回勉強になったのは、古いCPUではCloudReadyは動かない。

PAEというCPUの記憶領域なるものが存在しないため、

いざプログラムがそのPAEの場所を使おうとして

エラーがCloudReadyのスプラッシュ画面(起動時に出るロゴ画面)

で落ちていたのでした。

mSATAに換装しましたが、CPUが非力なので、ファンは全回転です。

でも、HDDのカリカリ音がなくなったので、前よりなんとなく使いやすい。

OSが立ち上がる時間はCPU非力なのが原因かあまり変わらない

今回もまた勉強になった!!

もし、自宅に古いPCを持っている方は諦めず、再利用してみては?

 

奥越ふわっとTV 各種サイト

【YouTube】https://www.youtube.com/channel/UC5NLhHsjlT1iVyRfvzoWx

【インスタグラム】http://Instagram.com/fwat_official

【Twitter】https://twitter.com/FWaT_official

【公式ホームページ】http://fwat-official.blog.jp/

このサイトはザ・トール(THE THOR)を使用しています。
THE THOR リンク
https://fit-theme.com/the-thor/
DORAHEI
めっちゃ、きれいにデザインできるよ!
最新情報をチェックしよう!
■広告|スポンサードリンク| Google AdSense ■